lilimo
さきどりキーワード
    lilimo

    お碗の型でやさしく搾る!?まるで果実な”みかんジュース”

    和歌山県・有田市。
    みかんの生産量日本一を誇る、温暖な気候の和歌山県の中でも、昔から、みかんがおいしいと評判の地域です。

    この地域のみかん畑は南向きの急斜面に石を積んだ段々畑。
    そこになる果実は、日照時間が長く、太陽の恵みと、海からの潮風によって育ち、まるで“みかんの里”となっています。

    1_南向きの急斜面の段々畑の様子
    南向きの急斜面にある段々畑のみかんの里

    しかし、みかんを育てる農家さんは70歳代が中心。
    リタイアする人が増える中、幾世代も続いた畑が雑木林になるのは止めたいと、農家さんが、畑を預ける場所があります。

    それが「伊藤農園」。
    1897年みかん問屋として創業、1940年頃から自社農園でみかんの生産をはじめ、1989年よりジュースの製造・販売を開始、100年以上みかんを取り扱う、みかんのプロ集団です。

    2_「みかんのプロ」の伊藤農園のみなさん

    2009年には株式会社化し、地元の若者を多く採用。
    畑も農業技術も次の世代につなげようと、農薬使用量を通常の半分以下、有機肥料のみを使用する特別栽培に取り組んでいます。

    そして生産事業だけではなく、新しい商品開発・世界のマーケットを視野に入れた販売事業など、挑戦し続けているのです。

    取り扱う柑橘は10種類以上!?

    3_数種類の柑橘たちが並ぶ様子

    伊藤農園で取り扱う柑橘は、あまりなじみのない名前のものまで、その種類はさまざま。
    収穫時期がそれぞれの柑橘は、ほぼ年中、なにかしら収穫ができるのだとか。

    見た目は似ている柑橘も、一つ一つ、その特徴は大きく異なります。

    4_柑橘類の甘さの比較チャート



  • 「みかんしぼり」
  • 4種類の中では甘味No.1。
    和歌山県有田の代表銘柄・温州みかんを使用。
    収穫時期により味が異なる中で、甘さの乗ってくる早生(わせ)の完熟から、晩生(おくて)を原料としています。
    甘味・コクの強いジュースは、まるでみかんを食べたかのような満足感を感じられます。



  • 「きよみしぼり」
  • 宮川温州早生とトロビダオレンジを交配させた柑橘を使用。
    濃いオレンジジュースにみかんが加わることで、まろやかさが表現された味わい。
    おなじみのデコポンやはるみ、せとかなどの新品種のもとになっている柑橘のジュースです。



  • 「はっさくしぼり」
  • みかんしぼり、きよみしぼりに次いで飲むと、酸味を強く感じる味わい。
    ほろ苦さを感じつつ、とてもジューシー。
    店頭で販売される10個中6個が和歌山県産というシェアを誇るはっさくを使用し、そのままジュースにしています。



  • 「あまなつしぼり」
  • 4種の中では1番酸味の強い味わい。
    パンチのある酸味が特徴で、余計な甘味がなく、すっきり。
    夏みかんの枝分かれとして発見された品種ですが、夏みかんよりも甘味のある柑橘のジュースです。

    ジュースにしても果実をストレートに感じ、飲み応え抜群。
    濃いがゆえの、えぐみのようなものは一切ありません。

    これぞ100%ピュアジュース!

    5_畑からもいだばかりの果実を運ぶ様子

    まず、畑から運んできたもぎたての果実を選別し、きれいに水洗いした後、機械で半分に切断。
    型に柑橘を一つ一つ乗せ、お碗の型で上から軽い圧力をかけることで、やさしく果汁を搾り出します。

    6_搾汁のため半分にカットされた果実たち

    手でギュッと搾り、果肉部分だけでできた”家庭で作るみかんジュースの味”。
    そんな果実のままの味を目指し、ふつうは約65~50%の搾汁率に対し、伊藤農園では約30%の果汁しか取らない、こだわり製法を採用。

    7_お椀型の型で果汁を絞る様子

    180mlのジュースビンには、なんと約8個※もの果実が詰まっているのだとか。
    (※みかんしぼりは約8個、きよみしぼりは3~4個、はっさく・あまなつしぼりは2~3個)

    8_搾汁後も果肉が残っている果実
    搾汁後も果肉が残る果実

    搾った果汁はろ過をし、浮き上がってきたアク取りを手作業で行います。
    このとき、アクを取り除き過ぎると、特徴のない味になってしまうので、その加減はまさに職人技なんだとか。

    80~90℃で熱処理を行い、ピュアなストレートジュースの出来上がり。

    9_ろ過し、手作業でアク取りをする工程

    みかんの果実そのままの味を届けたい――
    そんな想いで作るからこそ生まれた、ぜいたくジュース。

    濃縮還元も一切なし。
    果汁の原液に一滴の水分すら加えず、畑から収穫したもぎたて果実そのまま。
    これがピュアジュースと名付けた所以なのです。

    モンドセレクションで8年連続金賞

    10_みかん、きよみ、あまなつ、はっさくのギフトイメージ

    世界各地にある優れた商品の評価、品質向上を目的として1961年にベルギー王国経済省とEC(当時の欧州共同体)が共同で設立した組織・モンドセレクション。

    「食のオリンピック」「食のノーベル賞」とも呼ばれるモンドセレクションの賞を、「みかんしぼり」と「はっさくしぼり」は、2016年に最高金賞、「きよみしぼり」は金賞を受賞。

    伊藤農園のピュアジュースは、8年連続で金賞を受賞する世界も認めるホンモノなのです。

    11_伊藤農園のみかんしぼりイメージ

    果実がそのままストレートのピュアジュース。
    柑橘により、甘味と酸味のバランスが大きく異なるので、まずは4種類を飲み比べてみてください。

    12_伊藤農園のみかんしぼりイメージ_俯瞰

    無添加製品なので、老若男女が安全においしく楽しめ、ギフトにもピッタリです。

    紹介した商品は、以下から購入いただけます。

    ※lilimo store取扱商品は、イオンドットコム株式会社が運営するECサイト「イオンドットコムダイレクト」でご購入いただけます。

    この記事を書いた著者
    lilimo
    lilimo編集部
    あなたの知らない「もっと」に応える情報をlilimo(リリモ)編集部スタッフがお届けします。